いよいよ夏休み到来ですね。
昨日で市内すべてのの学校で夏休みに入ったのではないでしょうか。

どうも、遠野学習塾です。

今朝散歩していたらハンコカードをぶらぶらさせてラジオ体操に向かう子どもたちを見かけました。

それをみて思いました。

夏休みいいなぁ…

夏休みいいなぁ…!

(大事なことなので2回いわせていだだきました)

小さい頃、わたしが小学校低学年だったとき、たしかキャンプ場で父と
「ゆうやは夏休み何日ある?」
「んー…だいたい30日くらいかな」
「そうかぁ。お父さんは7日間だけだぞ。」
「え!みじか!」
といって驚いた思い出があります。

そのとき父はどんな気持ちだったんでしょうか。

でも、そんなに悲しそうな顔をしていなかったと思います。もちろん、隠していただけかもしれませんけどね。

—————

前置きが長くなってしまいましたが、遠野の子どもには勉強以外のこともいっぱい学んでほしいと思います。

もちろん受験生は他の学年よりも少し頑張んなきゃいけませんね。それでも、他のすべてを捨ててでも勉強しなきゃいけない学校(盛岡一高、中央高)を目指している受験生は遠野にはあまりいない、少なくともうちにはいないので、だったらやるべきことをやったら、あとは好きなだけ遊んでほしいです。

いつも不思議に思うんですが、保護者の方は「〇〇時間勉強している」という基準で安心したり叱ったりしますが、それは正しくはありません。

宿題や受験校という基準があって、それに対してクリアしているかどうかです。全部クリアできたらあとは受験生だろうとお子さんを信じて、割り切って遊ばせることがベストだと思います。

その判断ができないのであれば、ぜひ一度プロにご相談ください。

先生にはいったい何日の夏休みがあるんだろうか…先生も君たちといっしょに夏休みを楽しみたいぜっ!

ほんじゃ今日も頑張るぞー!